お疲れ様でした

2月 14, 2010 by  
Filed under 未分類

今日は1級鉄筋技能士の実技試験でした。

午前に3名の勇者が果敢に挑みました。

渡辺さん、細越さん、江口さん

本当にお疲れ様でした。

電話で出来栄えを聞いたところ、

「なんとか時間内に終わった」とホッとしている声に

達成感と充実感が満ちていました。

形は違えど、一所懸命努力していた3名ですから、

きっと神様は見ててくれます。

全員合格です!!!

私も柱をイモで組んだりと、色々ありましたが、

汗だくで頑張り打ち切り10分前に終わりました。

後は運を天に任せます。。。。

 

これを書いていて、1月に講演を聞いた

ワタミの渡辺会長の言葉を思い出しました。

「運がいい人とは、神様が応援したくなる人

である。死ぬほど努力し、勉強をする人を

神様は応援し、幸運をくれる」

 

死ぬほど努力し、失敗や成功から学ぶ人は

絶対に報われるのです。運がいい人は

運がいい人を呼びます。

EKSでそんな仲間づくりをしていこう。

みんなで努力し、学びつづけよう。

 

明日は冷たい雨の予報です。

防寒対策をしっかりして、

健康で安全によろしくお願いします。

from keiichi

決戦前夜

2月 13, 2010 by  
Filed under 未分類

 

今日は場所によっては雪だったり、みぞれだったりと、

非常に寒い一日でした。

こんな天気なので中止になった現場もありましたが、

最後まで寒さに耐えながら施工した現場と加工場に

心からお礼を言いたいと思います。

「ありがとう!」

 

とうとう明日は1級鉄筋技能士の実技試験です。

渡辺さん、細越さん、江口さん、3名の勇者が午前中、

私は1人午後に受験することになっています。

それぞれができる限りの時間と労力を費やし、

練習を重ねてきました。

明日は本番です。

結果がすべてではありませんが、結果を出す先輩として、

後輩たちにいいところを見せてあげてほしいと思います。

順番さえ間違えなければ大丈夫です。

自分を信じ、大きく深呼吸をしてから始めてください。

キレイに組みあがった鉄筋をイメージしながら、、、

そして、試験にのまれないためにも、

「俺が受からなくて、誰が受かる!」

「俺が受からないわけがない!」

「俺は絶対に受かる!」

と唱えながら、今日は寝てください。

そして、試験開始前に、もう一度、

「俺は受かる!」

と言ってみよう。

緊張が解けるはずだから。

みなさんも、応援してあげてください。

明日、みんなが全力を出せるように!

from  keiichi

2名の勇者

2月 11, 2010 by  
Filed under 未分類

今日は冷たい雨が降っていました。

みなさん風邪ひいてませんか?

今日2級のテストを受け終わった

2名の勇者が戻ってきました。

「合格した?」と聞くと

「分からないけど、延長時間も含めなんとか

終わりました」と笑顔での返答でした。

そんな二人を見て、大丈夫だなと確信しました。

努力した2名の勇者は必ず報われます。

ありがとう、一所懸命がんばってくれて。

そして、冷たい雨の中、

1級を受けるみんなが一所懸命に

組立練習を重ねていました。

周りで見る親方たちにも熱がこもっています。

きっとみんなの支えで1級のみんなも大丈夫です。

あと2日、、、、、

あきらめたら負けです。

私も全然練習できませんが、あきらめません。

だめかもしれないと思ったとき、その人の

合否はすでに決まっています。

最後までかじりついていこう!

from  keiichi

自分は日本で何位なのか?

2月 11, 2010 by  
Filed under 未分類

皆さんおはようございます。

今日も安全作業でお願いしますね。

 

先日、創業100年を超える内装業者さんの方と

お話をする機会がありました。

 

彼は僕と同じ年でしたが、彼の人脈の多さに唖然とさせられました。

彼は自分の仕事とは関係あろうがなかろうが、

「人と人を繋ぐこと」

自分の使命としている方でした。

そんな彼が、

「自分は日本の36歳の中で、いったい何位なのか?ということを

いつも気にしながら生きている」

と言いました。

私は正直びっくりしました。そんなこと考えたこともなかったからです。

そして彼は続けました。

「俺は少なくとも半分より上にいる自負がある。俺はトップ20に入りたい。

そして、自分だけでなく、自分の友と一緒にトップ20になりたいんだ!」

 

彼は常に自分を磨いている。

大きな夢に向かって、自分を鍛え続けている。

あえて人に宣言することで、

自分の退路を断ちながら、、、、

そして、自分だけでなく

「共に」というすばらしい価値観をもっていた

  

みんなも考えてみてはどうだろう?

日本にいる〇〇才の中で、自分はいったい何位なのだろうか?と。

 

from keiichi

挑むべき課題

2月 7, 2010 by  
Filed under 未分類

こんばんは。

建設業界にとって、日曜日は唯一のお休みです。

 

今日、ある製造業者の方のお話を聞いたところ、

毎週3連休で、祭日などが絡むと4連休、5連休となり、

給与もそれにともない、、、、、という状況だそうです。

それに比べたら、建設業は快晴ですね。

働きたくても働けない状況と比べれば、

休みがないことに感謝するもできそうですね。

 

さて、唯一のお休みの日曜日も

鉄筋技能士の実技試験を控えた多くの方が

練習に来てくれていました。

 

真剣に、一所懸命に鉄筋を組み上げていく姿に

心が洗われました。

 

人は挑むべき課題がなければ、

成長しない!

と、ある本に書いてありました。

本当にその通りだなーと改めて感じまる1日でした。

 

課題にチャレンジした数だけ

人は成長できる。

チャレンジし続ける会社づくり、人財づくりを

していきたいと思います。

 

明日も安全作業でガンバロー!

 

from keiichi

無限の可能性

2月 6, 2010 by  
Filed under 未分類

今日も1日お疲れ様でした。

 

2級鉄筋技能士試験を受ける幸樹君、上地君の2名は

残り4日

1級鉄筋技能士試験を受ける渡辺さん、細越さん、

江口さん、私の4名は

残り7日

となりました。

仕事が終わってからの組立練習、本当にありがとう。

今日お話ししていた監督さんからも言われましたが、

持っていて損をする資格などありません。

これからの時代は、鉄筋技能士の上の

基幹技能者

という資格が必要になってくる。

(国交省の工事では、最近では必要になってきている)

鐵のプロ

として、まずは鉄筋のことを

深堀りすることが私たちには最重要事項。

本業の鉄筋がしっかりと深堀りされている

ことが条件で、はじめて周辺への展開ができる

 

鉄筋工事の周辺には

様々な可能性があふれている。

考え続けることで、見えなかった世界が

見えるようになってくる。

みんなも鉄筋工事をもっともっと考えてほしい。

匠の技術を持ったみんななら、

私とは違ったものが見えてくるはず!

EKSの未来は

可能性であふれている!

 

from keiichi

鉄筋工事業者としての誇り

2月 5, 2010 by  
Filed under 未分類

雪が降ってからというもの、とても寒い日が続いています。

みなさん風邪引いてませんか?

そして、いつもお客様のために、いい仕事をしてくれて

ありがとうございます。

 

私は今、現在取引していただいている

お客様をまわり、お話聴かせていただいていますが、

今日、K建設の専務さんに言われた一言に

ハッとしました。

「お客様にただやれ!といわれても、

自分自身が納得がしなければやらない。」

この言葉の中には、

専門業者としての洞察力、知識、経験、情熱が

あふれるほど詰まっています。

この方は、エンドユーザーを見ている!

そこを利用するすべての人を!

(もっといえば、エンドユーザーやそこを

 利用する人のことしか見ていない!)

 

だからこそ、言葉に重みがある。

 

私たちは、プロの鉄筋工事業者である。

プロは仕事に対する哲学を持っている。

私たちの造りだす構造物が

安全安心して利用されるように

鉄筋工としての

誇りと情熱を

結束線で鉄筋に縛り付ている。

 

エンドユーザー(利用者)のために!

EKSは自信を持った仕事を提供していく!

そう考えた1日でした。

 

明日も寒そうです。防寒対策は万全に!

 

from  keiichi

Thanks Letter

2月 4, 2010 by  
Filed under 未分類

異質化の中で、お客様や家族、

そして、仲間たちとの

心と心をつなぐのが

Thanks Letter(ありがとうハガキ)です。

字を書くことが嫌いな職人さん達が

頭を抱え、文章を考え、気持ちを込めて伝える

「ありがとう」

は、もらった人に感動を与えます。

いつも会っている人には、伝えずらいありがとう、

照れくさくて言えないありがとうが手紙ならば届けられる。

多くのありがとうを発信し、多くのありがとうが集まる

EKSを創っていこう。

 

from  keiichi

顧客にとっての価値は何か?

2月 2, 2010 by  
Filed under 未分類

『経営者に贈る5つの質問』

(ドラッカー著・ダイヤモンド社)という本を読んでいます。

3つ目の質問に、

「顧客にとっての価値は何か?」

という質問があります。

そこには下記のように書いてあります。

「顧客は何をもって価値とするか、何が彼らのニーズ、欲求、

期待を満たすかという問いは、実はあまりに複雑であって

顧客本人にしか答えられない。

 ここで原則は、顧客はみな正しいとすることである。ほとんど

例外なく、彼らの行動は合理的である。したがって、

答えを想像してはならない。必ず、直接答えを得ねばならない。」

私たちは、どういう価値をお客様に提供すべきかを考えています。

(品質、工期(スピード)、安全、価格、人間味、、、などなど)

しかしながら、これらの多くが、

お客様から見た価値ではなく、

自分たちが勝手に考えたものを前提としている。

これを読んだ時、ハッとしました。私のことだと。

 

そして、今日から取引いただいているお客様を訪問させて

いただき、お客様の求める価値を聞いて歩いています。

ハッとさせられることばかりです。

少しずつ、一歩ずつですが、

お客様から選ばれる会社づくりをしていきます。

そして、全社員、全職人が、お客様の求める価値に

意識を向けて仕事をすることができれば、

EKSは鉄筋工事業社の中でも

ひと際輝いた会社になると思います。

from  keiichi

年齢の数え方

2月 1, 2010 by  
Filed under 未分類

今日は本当に寒かったですね。

今はみぞれが雪に変わっています。

雨にも負けず、風にも負けず、雪にも負けず

毎日お疲れ様です。感謝しています。

今晩中に雪もやみ、明日は晴れるそうです。

滑らないように注意してください。

さて、パスカルという人をご存知ですか?

気圧の単位ヘクトパスカルや

油圧ジャッキなどに用いられたパスカルの原理で

有名なフランスの数学者、哲学者、、、etc(多彩な才能)です。

通常、年齢の数え方は「満」とか、「数え」ですが、

パスカルはそういう数え方はおかしいと言ったのです。

パスカルは

「年齢というものは、自分に目覚め、自分で自律的に理性を働かせて、

これはいい、あれは悪いものだという風にしっかりと理解し、

自分の意志で生きようと決意したその時から数えなければいけない」

と言っています。

つまり、自立していなければいつまでたっても0歳です。

60歳になっても0歳の人がいたり、一生自立せずに0歳のまま

この世を去る人がいるということです。

興味深い話ですよね。

 

スリップしないように明日は、出勤してください。

それでは。

from  keiichi