熱闘甲子園

8月 25, 2011 by  
Filed under 未分類

こんばんは。
もう寝ていたら、ごめんなさい。。。

昨日の会議後、
「最近ブログがこないな」とぼそっと幸樹くん。
「読んでくれてるんだぁ」と喜ぶ私。。。
反応が有ると嬉しいですね(^。^)y-.。o○

そこで、今回は書こうと思って書けてなかった話題から。

少し前の話ですが、夏といえば甲子園☆
熱闘甲子園は涙なしでは観ることができない番組です。

今年は、準決勝で会長の出身地栃木県の作新学院と
細越さん、古川さん、佐藤さんの出身地青森県の光星学院の闘いでした。

会長は朝からラジオを聴いていましたが、
残念ながら青森に軍配があがりました!!!

決勝戦では日大三校に負けてしまいましたが、
東北に優勝旗をと最後まで頑張った細越さんの出身校のとなりの光星学院に
拍手ですね。

毎年、熱い闘いをみせてくれる高校球児たち。
いつも、自分が闘っているような気持ちを味わっています♪

熱闘甲子園を観ていて、
「監督のために」
「仲間のために」
などなど気持ちの部分にスポットが当たることが増えてきたなと思いませんか?
ハンカチ王子が優勝した時に人差し指を天に向けて伸ばして集まる姿が印象的でしたが、
技術的に差が少ない高校球児たちが最後に勝利を手にするためには、
やはり気持ちなのかなと思いました。

この暑い夏、高校球児に負けないくらい満喫した
佐藤さん、卓法くんの現場では、
監督さんより「今までで一番きれいな組立だった」というお言葉をいただきました。
もちろんEKSですから技術面も素晴らしいですが、
その技術を引き立たせる気持ちがあるからこその言葉だと思います。

そして、お客様を大切にしようとする平子さんの気持ちも、
佐藤さんはじめ現場スタッフに届いたのだと思います。
またEKSにお願いしたいと思うお客様がどんどん増えていったら
嬉しいですね(^_-)-☆

tomo♪