がんばっぺ東北

5月 6, 2011 by  
Filed under 未分類 この記事を印刷する この記事を印刷する


【石巻の写真】


【閖上地区の写真】


【閖上地区の写真】


【閖上地区の写真】


【閖上地区の写真】


【荒浜地区の写真】

今日もお仕事お疲れ様でした。
3日間のGW、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は、宮城県石巻に行ってきました。
仲間の実家が石巻にあり、その方をお見舞いと共に、
そこで何かを感じるために。。。。。
朝5:30に横浜を出て、石巻に到着したのは15:00。
約10時間の道のり、、、
東北道も地震の影響で、ところどころ舗装をやり替えていた。

石巻に住む小野寺さんと合流し、石巻沿岸部の工業地帯を走った。
日本一の製紙工場であった日本製紙は壊滅状態。
煙突から煙が出ていない光景を今まで見たことがない、小野寺さんは
そうはなしてくれた。
そして、女川地区(おながわちく)へ。
女川はより凄惨な状況に見えた。中高層の鉄筋コンクリートの建物が
残り、その屋上に舟が乗っていたり、車が突き刺さっていたり、、、
考えられないほどの高さまで波が押し寄せたことになる。
言葉にならない、、、ただただ窓から見える景色にため息をつくばかり。

翌日、小野寺さんの息子さんとともに、
閖上地区(ゆりあげちく)へ。
小さい頃、海水浴に来たことがあるといっていたが、
いったいどこがどうなっているのかわからない状況になっていた。

仙台空港を経由し、仙台市内でラーメン店を経営している仲間のところへ。
彼も塩釜にある製麺所がすべて流された。
しかし、気丈にも笑顔で私たちを迎えてくれた。

今回の宮城訪問で気づいた。
腹の据わった人は強い!本当に強い。
どんな状況下にあっても人は強くなれる。
私たちは恵まれた状況下でも何かに不満を言い、
誰かのせいにして先に進もうとしない。
でも、自ら断崖の淵に立った時、人は強くなれる。
今こそ立ち上がる時だ。
そう感じた。

2日間お世話になった小野寺さん、松本さん
本当にありがとうございました。

工藤桂一

One Comment on "がんばっぺ東北"

  1. eiko on 日, 8th 5月 2011 11:10 AM 

    お疲れ様でした。

    被災地の現状は本当に言葉が出なくなってしまう。現地の人々が気丈にも笑顔で生きている姿は
    目に焼き、色々な事を感じますね。
     
    私は、会長が現在行っている、栃木県内地震被害で崩れた家の、修理の手伝いに行きました。
    こちらも役所、業者の対応が間に合っておらず、
    全壊、半壊の建物は放置されている状態でした。
    今、修理している民家は、柱が崩れ基礎に鉄筋が入っていない杜撰な物で、全ての補修が必要です。現地で加工をし、錆止め、ペンキを塗り外壁の全面補強、基礎の補強を行っています。
    実際は、栃木、長野、千葉、群馬県など業者の対応が追いつかず、沢山の方が待ちになっている様です。
    私も出来る限りの支援をしたいので、毎週末に栃木へ行きます。
    安全第一で、頑張ってきます!

Comments?