鉄筋工事のEKS(イー・ケー・エス)|2019年度新卒 採用サイト

株式会社EKS(イー・ケー・エス) 2019年新卒採用情報  2019年度新卒 鉄筋工事のEKS採用サイトです。  パソコン版サイトでの閲覧はこちらから スマートフォン版サイトでの閲覧はこちらから鉄筋業について|鉄筋工事のEKS(イー・ケー・エス)|2019年度新卒 採用サイトEKSについて|鉄筋工事のEKS(イー・ケー・エス)|2019年度新卒 採用サイト採用情報|鉄筋工事のEKS(イー・ケー・エス)|2019年度新卒 採用サイトよくある質問と答え|鉄筋工事のEKS(イー・ケー・エス)|2019年度新卒 採用サイトお問い合わせ|鉄筋工事のEKS(イー・ケー・エス)|2019年度新卒 採用サイト




EKSについて

■鉄筋王を目指して

鉄筋王を目指して


私たちの夢は「鉄筋王になる」ことだ。


鉄筋王???ふざけてはいない。私はいたって真剣だ。
「鉄筋王」は漫画ワンピースがモチーフになっている。
私は真面目に麦わらの海賊団のような最強のチームをつくろうと考えている。

麦わらの海賊団は極度に専門化されたチームで、剣士、航海士、コックや船大工など、それぞれが専門分野に特化し、
その力をより高め合えるチームが形成されている。
私たちEKSも同じだ。個々の得意分野を重ね合わせることで最強チーム、つまり「鉄筋王」になることができる。

仲間のために頑張れるチームを目指して

仲間のために頑張れるチームを目指して

また、麦わらの海賊団は仲間のために命を張るチームだ。
それはクルーだけのことではなく、冒険の途中、互いが共鳴しあい、出会う仲間もクルー同様、命がけで守る。
自分達におきかえれば、家族や友人、同僚は先輩のために仕事をするだけでなく、お客様や取引先、
時にはライバルでもある同業他社のためにも全力を尽くし、支えあうことのできる最強のチームをつくりたい。
なぜなら、人は誰かのためにがんばる時、最大の力を発揮するものだから。

そして麦わらの海賊団に国境はない。
海賊が自由に海を行き来するように、
我々鉄筋工が全世界をまたにかけ活躍すること、それが私の夢だ。

EKS自慢の職人たちが海外のワーカーさんに技術を教え、名だたる建築物を共に施工している姿を想像するだけでワクワクしてくる。


個性豊かで仲間を信じぬく力を持ち、思いやりの力と気高い誇り、夢に燃え光り輝く鉄筋王を私は数多く育てたい。
さあ、君もEKSと共に「鉄筋王」になろう!!

 

■EKSの使命・ミッション

使命・ミッション

鉄筋工事を通して、世界で生活するすべての人々に安全と安心を提供し、幸せの基礎をつくる!

 私たちEKSは、世界中で生活をするすべての人々に対し、安全と安心の提供、つまり無事故無災害の達成や配筋検査での評価、工期の達成度など管理できる安全と、心の安らぎや信用、 不安のない生活などそれぞれが心の中で感じる安心の提供を通じて、幸せの土台、基礎づくりをしています。
 幸せとは、人それぞれ違いはありますが、普段通り、笑顔で朗らかな生活ができることをいいます。

 

創業の精神

誠意を尽くして 一所懸命

 1枚のFAXが送られてきた。
「工藤社長様 今まで僕ら若輩者にお力添えありがとうございました。いつの日か、恩返しが出来る時を心から待ち望んでいます。寒さも厳しくなりますが、お体に気をつけて頑張ってください。」
 これは、イー・ケー・エスの前身、工藤工業が倒産した日の晩、あるゼネコンの社員さんが社長である父宛てに送ったものだ。被害を被ったほとんどのゼネコンが私たちに詰め寄り、怒鳴り声を浴びせる中で、唯一父へ感謝の気持ちを伝えてくれたものだった。
 日頃から、お客様をはじめ、誰に対しても、嫌な顔一つせずに笑顔で接していた父。心から人を愛し、愛された父。そんな父の築いてきた「信用」の深さを象徴するものだった。
 翌日、事務所には頭を丸めた父の姿があった。全身全霊でお客様や社員にお詫びしたかったのだろう。半端が嫌いな父が、志半ばで事業を終えることになった無念さが体中から伝わっていた。社員やその家族を路頭に迷わせてはならない、何があっても彼らを守らなければならない、そんな重責と恐怖の中、父の無念さを晴らしたいという強い念いと、父宛のファックスの存在が私の背中を後押し、私はイー・ケー・エスを創業した。
 

経営理念

心を磨き 技を究める

私たちEKSは、仕事を通じ、心を磨く努力を怠りません。
自己を変革し、成長し続けることが
すべての基礎であると考えます。
私たちEKSは、鐵を扱うプロとして、技を究める努力を
怠りません。
お客様の期待を超え、感動を生む匠の技の提供こそ、
私たちの商品であると考えます。


【経営理念の“心”とは】
 “心”とは、第一に“おもいやりの心”です。一人はみんなのために、みんなは一人のために、という支えあう心を大事にします。互いが心から相手を尊重し、大切に思うこと、まわりのすべてに感謝することで深い絆が生まれます。
第二は“向上心”です。私たちは何事も前向きにとらえ、謙虚に学び続ける心を持ちます。大きな夢と希望を持ち、更なる上を目指して成長する努力を継続します。
第三は“本気の心”です。一度しかない人生、勇気と情熱を持って、何事に対しても全力投球で取り組みます。チャレンジ精神を持ち、常に積極的な行動を起こします。

【経営理念の“技”とは】
 私たちEKSが極める“技”とは、単に鐵を扱う技術だけをあらわしていません。挨拶や言葉遣い、安全や提出書類、関連知識や変更等の急な対応など、形のないものにも、誠意を尽くして一所懸命行動することをあらわしています。
また、EKSの提供する技は、全体最適を根ざしたものでなくてはなりません。鐵を扱うプロとしてだけでなく、現場を支える一員として、和を尊ぶ仕事を行うことをあらわします。
 

経営ビジョン(10年後の将来像)

「鉄筋王になる!」 〜日本中の鉄筋工事業者がベンチマークする会社へ〜 

 私の夢は「鉄筋王になる」ことだ。鉄筋王???ふざけてはいない。私はいたって真剣だ。「鉄筋王」は漫画ワンピースがモチーフになっている。私は真面目に麦わらの海賊団のような最強のチームをつくろうと考えている。
 麦わらの海賊団は極度に専門化されたチームで、剣士、航海士、コックや船大工などそれぞれが専門分野に特化し、その力をより高め合えるチームが形成されている。私たちEKSも同じだ。社員一人ひとりが、仲間とは違った長所(個性)を持っている。それを究極に磨き上げ、個々の得意分野を重ね合せることで最強チーム、つまり「鉄筋王」になることができる。
 また、麦わらの海賊団は仲間のために命を張るチームだ。仲間とは自分のクルーだけのことではない。冒険の途中、互いが共鳴しあい、出会う仲間もクルー同様、命がけで守る。家族や友人、同僚や先輩のために全力で仕事をするだけでなく、お客様や取引先、時にはライバルでもある同業他社のためにも全力を尽くし、支え合いのできる最強のチームづくりがしたい。人は誰かのためにがんばる時、最大の力を発揮するものだ。
 麦わらの海賊団に国境はない。海賊が自由に海を行き来するように、鉄筋工が全世界をまたにかけ、活躍すること、それが私の夢だ。EKS自慢の職人たちが海外のワーカーさんに技術を教え、名だたる建築物を共に施工している姿を想像するだけでワクワクしてくる。
 個性豊かで、仲間を信じぬく力を持ち、思いやりの心と気高い誇り、夢に燃え光り輝く鉄筋王に私はなる。